働きやすさと人間関係

看護師の職場での一番近い人間関係といったらプリセプターではないでしょうか。単なる一人の先輩や同僚だったら、少し嫌な人でも時々の一緒の勤務を我慢すればいいだけですが、プリセプターととなると、切り離すことができないのが切ないところです。
 私も、新人で配属されたICUでのプリセプターが、かなり年上の先輩でとても厳しい人でした。足と腕を組んで、反り返るようにして壁に寄りかかり、物を点検するかのような冷たい目つきで人のやることをじっくりみるのがその先輩のスタイルで、ちょっと違うことがあるとその目つきが厳しくなり、時間が空いた時にすかさず「XX、ちょっと来て。さっきのあれ何?」とお説教が始まるのが常でした。
 仕事のやり方に関しては間違っていることは言っていないと思うのですが、人との接し方や話し方などにはどうしても納得がいかなくて、なんだか理不尽な感じがしていました。だんだん冷たい態度や、その先輩をみるだけで足がすくむような感じがして、仕事に行きたくないと思いましたが、ここでやめたらもうどこにもいけないだろうな、というのも感じてなんとか頑張りました。師長も先輩に「ちょっとその言い方は・・・」とか言ってくれたりしましたが、逆に「この子がいつまでもできないのはあんたの管理責任だ!高い給料もらってるくせに何もできないの?!」なんてさらにひどい暴言を返されたりしていて、結局のところみんながその先輩の厳しさだけでなく、理不尽さや感情に任せて他人にそれをぶつけてくる子供っぽさみたいなものをよくわかっていたので、「XXさん頑張れ?!」と応援してくれたりサポートしてくれたのが、支えになっていました。
 部長面接の時に、ついその先輩についてぶちまけ、他のスタッフからも同じような訴えがたくさんあったということで、半年ほどでその先輩は他の部署に異動になりました。いろいろな人がいて、人間関係についての勉強にもなりますが、やっぱり一番は働きやすい人間関係の環境が大事だなとつくづく思います。