嘔吐や嘔吐物を見ると気分が悪くなってしまいます。生理的に受け付けません・・・。どうしたら良い?

人のためになる仕事がしたいと夢を持って看護師の仕事につく人は沢山いると思います^_^

 

しかし、実際働いてみたら、仕事はハードだし、患者さんと関わる時間は少ないし…。
思っていたのと違うって思うことも多くありますよね( ;´Д`)

 

また、看護師の仕事は意外と汚い仕事も多いですね。

 

オムツ交換や、褥瘡処置、吐物の処理など、今まで経験のしたことがないような事が沢山…ヽ(´o`;

 

吐物や汚物を見て気持ち良く思う人はいないと思います。
ひどい嘔吐をみると、つい自分も嘔気を催してしまうこともありますよね。

 

生理的に受け付けないと思うのは仕方のないことです。

 

しかし、看護師として吐物や汚物ばかりに気を取られていては大切なことを見逃してしまいます。

 

看護師にとって、吐物や汚物も患者さんの体調を知るための観察ポイントがありますね。

 

吐物や汚物の状態から、看護師は患者さんの体に異変があるか確認します。

 

たとえば、ブルートの混入がある場合、緊急の事態が考えられることもありますね。

 

私がまだ新人の頃に、夜間のオムツ交換で汚物の中に胃内のクリップが外れて排泄されているのを見つけた事がありました。

 

ドクターに報告すると、夜間でしたが緊急に再クリップが行われました。
胃からの出血があったため、貧血もかなり進み危険な状態でした。

 

それ以来、吐物や汚物もしっかりと観察するようにしています。

 

また、嘔吐している患者さんは苦しんでいるのです。
看護師として、嘔吐しているということを見るのではなく、まずは窒息しないための対処をほどこし、患者さんの苦痛を軽減しなければなりませんね。

 

そういったことを考えていれば、生理的に受け付けないとか考えている余裕はなくなると思いますよ^_^