どうしても産婦人科と小児科が苦手です・・・。苦手な科ってありますよね??

病院には、沢山の科がありますが、オールマイティにどの科でもいけるっていう看護師は少ないのではないでしょうか。

 

看護師それぞれに、苦手だったり得意だったりする科はありますよね^_^

 

学生時代に勉強した感じから、苦手意識のある科もありますし、実際働いてみて、これは苦手だなぁって思う事もあります。

 

私は、学生時代に苦手だなぁって思っていた科に配属になりました(;´Д`A

 

病院付属の学校だったので、実習で行ってみて、あまりのハードさに苦手意識を持っていましたね(-。-;

 

難しい症例が多く、学生として難儀したという事もありました。
また、看護師の性格のきつさ、人間関係の悪さもすば抜けていましたから、怖い…というイメージもありました。

 

 

血液疾患や、癌患者さんの多い科でしたから、ステルベンも多く、ピリピリした雰囲気で、絶対に働きたくないって思っていました。

 

実際に配属になった時はショックで、最初からいつになったら移動になるのか…そればかり考えていました(;´Д`A

 

しかし、ハードな職場に慣れてきたら、逆にやりがいがあるし、学べることが沢山あって、看護師の仕事が楽しいと思うようになりましたね^_^

 

人の死が多い分、悲しいことも多かったのです。

 

しかし、ならば日頃から患者さんがどのようにしたらストレスがなく過ごせるのか、最後の日を迎えるまで、どのようにその人らしい生き方が入院生活の中で出来るのか…。

 

そういったことを考えながら働くことに、やりがいを感じるようになったのです。

 

苦手意識のある科でも、実際に働いてみるとそうではなかったな…と思う事ってありますよ。

 

苦手を克服することも、スキルアップにつながるなぁって思いましたし、看護師としてステップアップ出来るチャンスになるかもしれませんね^_^