看護師資格があっても職場復帰出来ないナースたち(>_<)

 

看護師というのは、女性にとって憧れの仕事でもありますよね。

 

実際に、毎年多くの方が看護師の資格をとって、現場で働いています。

 

しかし、いつになっても看護師不足が解消されませんよね。

 

その理由の一つは、職場環境にあると思うんです。

 

女性というのは、結婚や出産をする事によって、育児に専念する為に仕事を辞めたり、家庭と仕事を充実させる為に、働き方を変えるという方がとても沢山います。

 

というよりも、看護師の仕事はハードなので、家庭と両立させるのはとても無理、というケースがほとんどで、仕事を続けたくても、辞めざるをえない状況ですよね。

 

多くの方は、出産を期に職場から一旦離れています。

 

そして、暫くは子育てに専念して、子供がある程度成長した時点で、仕事への復帰を考えている、という方が多いんです。

 

でも、何年ものブランクがあると、仕事へ復帰するのはとても難しいんですよね。

 

復帰しても、仕事について行けなかったりして、結局退職してしまう、といったパターンも少なくないんです。

 

こんな状況を解消するのには、やはり職場環境が大きなポイントになりますよね。

 

例えば、子育ての環境が整っている職場だったら、ママさんナースが安心して働く事ができるので、退職を変えなくても仕事を続ける事ができると思うんです。

 

いくら家族の協力があったとしても、家事や子育ての負担は女性にかかってきます。

 

以前に比べれば、ママさんナースが働きやすい職場がかなり増えてきていると思うんですけど。

 

まだまだ安心して働く事はできませんよね。

 

今後、高齢化社会が進んで、ますます看護師が必要となってくると思います。

 

もっともっと、看護師が働きやすい職場が増えてくれる事を、かなり期待しますね。

私は外科ナースです。内科系の病棟ってどんな感じだろう??急性期にドップリだけど慢性期ってどんな感じだろう?

私は、子育てのためパートや派遣の仕事をしばらくしていました。

 

しかし、やはり外科病棟の楽しさが忘れられず、今年から外科病棟で働き始めました^_?☆

 

外科の仕事って本当にハード??

 

最初の頃は、辛くてよく泣いてましたね…

 

外科は急性期の患者さんがほとんどですよね。

 

だから、急変やステルベンもとても多いですよ( ;´Д`)

 

新人の頃は、急変の対応が苦手で、いつもドキドキしていましたね(;´Д`A

 

オペが多いから、オペ出しやオペ迎えも一日数件あるんですが、モタモタしてはオペ室ナースに怒られてましたし(;´Д`A

 

患者さんも、予後の悪い方は神経質になっていますし、精神的に病んでしまったりします。

 

ナースとして、どうしてあげたら良いのか非常に悩んだ時期もありました。

 

しかし、仕事を覚え、外科病棟に慣れてくると、とてもやりがいのある仕事に思えてきたんです(*^_^*)

 

一命を取り留めて退院される患者さんを見ることが、何よりも嬉しかったですね^ ^

 

看護師>として、患者さんや、患者さんの家族が喜ぶ顔を見れることが幸せだなぁって思っています(*^_^*)

 

結婚してから、しばらく離れていた外科病棟ですが、最近常勤として復職しました^_^

 

やはり、派遣やパートではそういったやりがいは感じられませんでしたからね(・_・;

 

そういうわけで、私は急性期の経験が多いのですが、最近内科などもきになっています。

 

内科は、主に慢性期の患者さんが多くいるんですよね。

 

慢性期の看護って、未経験だからよくわからないけど、患者さんとの関わりは、急性期病棟より濃いって言いますよね^o^

 

子育てしながら働くなら、急性期より慢性期の内科とかでしょ?、って同期によく言われるんですf^_^;

 

いつかは経験してみたいなぁって興味が湧いてきました^_?☆

 

利尻とルプルプ白髪染めトリートメント

病棟のバイト

病棟勤務は、担当の患者さんが出来ますし、チームで動くことも多く、また予期せぬ残業になることもあるので、子育て中の方にはちょっと向いてないアルバイト先といえます。

 

看護師でアルバイトをする場合は、大変な仕事をわざわざアルバイトでする人は少ないので、小さなクリニックであったり、老人介護施設や訪問入浴など、高度な看護技術を必要としない福祉系の仕事でのアルバイトが多いみたいです。

 

病棟のアルバイトだと週末必ず休みということも限りませんし、夜勤に入ってくれないか、と言われることもあるかもしれませんよね。

 

夜勤アルバイトはお給料も高く、日勤で働いたことがある病院であれば、そう難しくなく、働けるみたいです。

 

子育て中の看護師さんにとっては、アルバイトのほうが楽なこともあるかもしれませんが、働く場は選んだ方が良いと思います。

 

外来だと残業もほとんどないし、仕事内容もまぁ決まっているし、科によるかもしれませんが、比較的業務内容が分かりやすい科を選んでアルバイトすると、精神的ストレスは減りますよ。

 

子育てしながらでも仕事は出来る、と思っていたんですけど、全く誤算だったのは、自分の体調でした。

 

産後、授乳期間はとても疲れやすく、いつも身体がだるかったりして、なかなか本来の体調に戻れず、また、自分以外に守るものが出来たというのは、生きる力、生きる励みにもつながりますが、守るために、いつも気が張っていて、心休まることがなかなかないんですよね。

 

大家族で育てていく方が、生まれて数年間は、大人の手がないと生きていけない人間には合っているんじゃないかな、と思ったりします。

 

時代の流れで、大家族は減りましたが、やはり、安心して子どもを育てていくって、本当に大変なことなので、仕事で余計なストレスかかりたくないですよね。